ヒスイ探索においで下さい
0
     日本で唯一のヒスイの産地新潟県糸魚川市この地に流れる姫川、青海川の源流地にある巨大なヒスイ原石から長い年月をかけて砕けて流れ出た原石群が海流にのつて波にもまれ海岸にたどり着いたのが所謂ヒスイ海岸といわれる場所で拾える、宝石のヒスイ原石なのです。ヒスイ海岸と言われるのは、糸魚川市から富山県朝日町までの海岸一帯を指した総称で、この間の海岸や海中等に今も多くのヒスイ原石が眠つているのです。今年の夏も全国から多くのみなさんが当道の駅近くの市振海水浴場にヒスイ探索に来られました。しかし、夏場は波がおだやかで石の移動が少なくなかなか目にはいりません。これから少しずつ海が荒れたり、台風などで大きな波が打ち上がると海底の原石が浜辺に打ち上げられる可能性が出てきますので、ヒスイ探索はこれからがチャンスです。
    posted by: 道の駅 越後市振の関 | ヒスイ拾い | 14:02 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    先ほど翡翠新聞書いた小学生の新聞記事UPにツィートした者です。冬場の荒れた波でお宝が浜に浮上、あるいは無情にも覆い隠してしまう(泣)時期ですね。長野県北部に居ますが、以前数回マイボロ軽で糸魚川に行きましたが白馬越えは山道怖い。疲れるし。翡翠に夢中になって波に攫われて海底に沈んだら一貫の終わりでも有るから、翡翠拾いも命がけ?ですし。出雲大社宝物館に展示してる勾玉サイズに加工出来るお宝を目指して通ってましたがさざれ石クラスの翡翠を拾うのが多かったですがそれでも拾えると嬉しかったです。春になって雪や冷たい風が吹かなくなった頃にでも行けたらいいな‥。
    | ブランフェムト | 2012/12/13 8:23 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ichiburi-seki.com/trackback/25
    トラックバック